ジョン・F・ドノヴァンの死と生 Bitter Sweet Symphony

 

 

コロナ自粛が開けて二番目に観に行ったのは『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』(The Death & Life of John F. Donovan)です。

 

“THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN”impressionne avec“Bitter Sweet Symphony”de The Verve.

 

“THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN”impresses with “Bitter Sweet Symphony”by The Verve.

 



 

4月頃、一度チケットを買いかけたのですがやっぱりやめたとなった映画です。

その後一斉に映画館が営業自粛したんだっけな。

私がこの映画を絶対観たいと思っていたわけは、映画館で観た予告編でザ・ヴァーヴ (The Verve)ビター・スウィート・シンフォニー(Bitter Sweet Symphony)が大音量で流れたからです。

実は私、ブリットポップ好きなのに数年前までこの曲を知らなかったんです。

YouTubeで映画『リブ・フォーエバー』の予告編を観ていて、突然カッコいいストリングスが流れたので調べたらこの曲でした。

ブリットポップを代表するような超有名な曲のようですね。

それなのにヴァーヴすら知らなかった自分はまるでにわか者!

そんなヴァーヴの有名曲がいつどのように劇中に流れるのが期待して観た映画です。

 

グザヴィエ・ドラン(Xavier Dolan)て、よく名前を聞く監督です。

監督と俳優を兼ねているから色んなところで見かけますね。

本人が同性愛者ということもあり、女性になりたい男性を描いた『わたしはロランス』などを監督しています。

名前がなんとなくフランス人ぽいなと思っていたのですがフランス系カナダ人なのですね。

 

この映画は、シングルマザーに育てられている少年が、テレビで夢中になっているアメリカの俳優に手紙を書き、やり取りをしていくという内容です。

少年はやがて俳優となるのですが、ジョンは数奇な人生を辿ります。

ストーリーだけ見ると単純なんですけど、ちょっと個人的にわかりにくい話だったなと思います。

ジョンのモデルが誰なのだろう、絶対にモデルがいるだろうと始めから思っていたのですが、特に具体的な話は出ていないのでフィクションですね。

リバー・フェニックスとかヒース・レジャーをオマージュしていると言われていますが、監督ドランが子供の頃レオナルド・ディカプリオに憧れファンレターを書いた経験をもとに撮られた映画だそうです。

とても美しいストーリーだと思うのですが、いまひとつインパクトに欠けるので鑑賞後、何も残らなかったです。

実話だったらもっと盛り上がったかなと思いますけどね。

 

しかし、エンディングにビター・スイート・シンフォニーが流れたときは、来た!上手い!と思いました。

 

 

この曲はオアシスのリアムが非常に気に入っていた曲だということです。

イントロの明け方のような爽やかさとは違い、歌詞はまさしくイギリスの下層階級・貧困をテーマにしているなと思わせるほろ苦いハーモニーです。

ローリング・ストーンズの曲からメロディを拝借しているということで権利を巡ってトラブルが起きたりしているので色々事情のある曲みたいですね。

ブリットポップが好きでパルプとかブラーやらいってましたけど肝心なこのヴァーヴを知らず、そんな重要な存在を無視していた自分はバカ丸出しでしたね。

 

そしてもうひとつ、オープニングにアデル(Adele)ローリング・イン・ザ・ディープ(Rolling in the Deep)が流れることでも話題になっています。

 

 

音楽に関してはヴァーヴよりもこっちの方が断然話題みたいですね。

 

この映画、ブリットポップ好きにとってはエンディング曲を味わうだけでも価値があります!

 


 

 

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN

2018年 カナダ・イギリス 123分

監督 グザヴィエ・ドラン

キャスト

キット・ハリントン(ジョン・F・ドノヴァン)、ナタリー・ポートマン(サム・ターナー)、スーザン・サランドン(グレース・ドノヴァン)、キャシー・ベイツ(バーバラ・ハガーメーカー)、タンディ・ニュートン(オードリー・ニューハウス)

内容(あらすじ)

テレビシリーズで人気を博していた俳優のジョン・F・ドノヴァンが29歳の若さでこの世を去った。10年後、謎に包まれた死の真相が、当時11歳だった新進俳優ルパート・ターナーとの100通以上の手紙によって明らかにされるのだが・・・