永遠の門 ゴッホの見た未来 Gogh 👨‍🎨 🌲 絵画のような映画

 

 

生きているうちは認められなかったことで有名な画家フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)の伝記映画の人気が上がってきているというので観てきました。

 

“At Eternity’s Gate” est un film qui ressemble à une peinture de Gogh et est plein de couleurs.

 

“At Eternity’s Gate” is a movie that looks like a Gogh’s painting  and is full of colors.

 



 

今までゴッホを扱った映画はけっこう多いようで、アニメやモチーフを含めるとかなりあるようですね。

色々調べてみて2017年の『ゴッホ 最期の手紙』(Loving Vincent)というアニメーション映画も面白そうだなと思いました。

でも今回の作品永遠の門 ゴッホの見た未来』(At Eternity’s Gate)は、ゴッホの心理と情熱にとくに焦点を当てており、内面的な魅力に溢れる映画でした。

監督ジュリアン・シュナーベル(Julian Schnabel)は映画監督だけでなく新表現主義の画家としても有名です。

基本的には英語なのですがちょろっとフランス語も出て、19世紀後半のフランスの雰囲気は充分に感じられました。

印象的なのはそのゴッホの絵画をそのまま映画化したような色彩感覚で、音楽はタチアナ・リソフスカヤ(Tatiana Lisovskaya)によるインストの曲で目立たないのですが、ビジュアル的に、ゴッホの情熱的な美意識が色彩となりスクリーンに浮かび上がるようで、映画を観ているのに絵画を観ているような、もしくはその逆であるような、その色彩に包み込まれるような不思議な浮遊感を感じました。

それはポスターにも表れていますよね。

 

 

ゴッホはとにかく自分の絵には絶大な自信があり、その情熱たるや凄まじいものがあります。

自分の才能を根っから信じ込んでいるのです。

道端にいる少女に絵のモデルになってくれと声を掛けるシーンから始まるのですが、後半でそれは無茶なポーズを散々要求し嫌がられてしまったことが判明します。

野外で絵を描いていると子供たちと教師が寄ってきて散々ゴッホの絵をこき下ろすのですがゴッホは怒鳴り倒して追っ払ってしまいます。

ゴッホは画家の中でも気性が激しい人物ということで知られていますがこの映画ではそれがすごく出ていました。

穏やかな側面がほとんどありません。

ゴッホの有名な、ひまわりなどの今なら数億円レベルの絵が売れないままゴロゴロ放置されて登場します。

観ていて、自分がそこに行って買い占めたい!って思った人も多いんじゃないでしょうか。

双子の弟テオの支援や文句垂れつつ支え続けた妻ヨハンナとのやりとりや、精神病院に監禁されたときの様子など、今まで知らなかったゴッホの生涯の詳細が明るみになりました。

私は印象派の絵画はわりと好きなのですが、ポスト印象派であるゴッホの絵もけっこう好きですね。

激しいイメージはあるんですけど星月夜の糸杉のブルーとか、夜のカフェテラス、黄色い部屋など、色彩も独特の美しさがありますが筆使いに情熱が滲み出ていて引き込まれます。

耳を切ったり、エキセントリックなイメージがあって最期は自殺したと伝記で読んだ記憶があるのですがどうやらそこに不可解な訳ありの事実があるようで、映画ではそれがクローズアップされます。

ゴッホのファンでなくても絵画が好きな人なら展覧会に行く感覚でぜひ観てみてほしい作品です。🌻🖌