イエスタデイ Yesterday ビートルズのいない世界 UK勢コラボレーション

 

 

ビートルズ(Beatles)のいない世界、だなんてごく普通の人はなかなか考えないものです。

しかし、ロック音楽の好きな人ならそれに近いことをよく考えると思います。

 

“Yesterday” est une fantaisie décrivant ce qui se passe dans un monde où les Beatles n’existent pas, avec des musiciens anglais, une culture britannique et une connaissance approfondie des Beatles.

 

“Yesterday” is a fantasy depicting what happens in a world where the Beatles do not exist, with English musicians, British culture and detailed knowledge about the Beatles.

 



 

よく言われている「ビートルズがいなかったら巷のロックバンドは存在しなかった」的なことを映画化してみたのが、このイエスタデイ』(Yesterday)なのでしょう。

私が見たその手の表現でインパクトがあったのは「リバプールから来た4人組が全てを変えてしまった」ですね。

ビートルズがそれまでのロックの流れを変えてしまったという意味ですが、そもそもビートルズが登場する以前はエルビス・プレスリー(Elvis Presley)がソロでロカビリーをやっているだけで、白人のロックバンドは存在しなかったのです。

ジョン・レノンもエルビス・プレスリーには敵わないと言っていたようです。

ビートルズって、宇宙から飛来したように唐突に現れて世界を変えたみたいに言われることが多いです。

元はリバプールで地道に活動していた普通のバンドなのにね。

(ファンがそういう風に神格化したくてしょうがないみたいな感じで、過大評価とまでは行きませんが私を含めそこまででもないと思っている人々もたくさんいると思います。(笑)

いや、嫌いじゃないんですけどビートルズって名曲揃いなわりにローテーションにはならないんです。)

 

そんなビートルズのカリスマ性を概念化したイエスタデイ、予告篇が面白そうだったので外れはナシだろうなと思いつつ、かといって特に期待もせずに観たのですが想像通りの展開でした。

この作品は「ビートルズは絶対的に偉大な存在」という価値観がなければ理解のできない映画です。

ビートルズの影響を受けて成立したバンドというのは非常に多く、代表的といえるバンドはオアシス(Oasis)ですね。

 

 

主人公ジャック・マリクも中学時代オアシスのカバーバンドをやってました。

日本だと奥田民生(Tamio Okuda)がビートルズのファンで、Puffyの曲などにビートルズのメロディの引用が見受けられることで有名です。

真心ブラザーズの倉持陽一(YO-KING)もジョン・レノン(John Lennon)の信奉者で「拝啓・ジョンレノン」という曲を書いています。

これは敬愛する故ジョン・レノンへの手紙という形をとって、偽善者だと歌っていますが熱狂的なレノン愛が感じられる歌です。

 

 

ビートルズがいなかったら・・・・この通り日本のロックシーンにも影響が出てますね、絶対。

日本を含めどこの国のロックバンドを見ても、ボーカル・ギター・ベース・ドラム編成で男性4人組というビートルズスタイルがビートルズのデビュー以来そのまんまの形態で変わらず受け継がれていることに驚きます。

私もこのビートルズスタイルの男性4人組バンドがシンプルで大好きです。

メインボーカル、サブボーカルがありますけどね、ビートルズは。

 

エド・シーラン(Ed Sheeran)本人が、「ヘイ・ジュード」(Hey Jude)ではなく「ヘイ・デュード」(Hey Dude)にしたらどうだと言いますが、言わずもがな、クーラ・シェイカー(Kula Shaker)の代表曲ですね、ヘイ・デュード。

 

 

ヘイ・デュードの意味は主に男性に対して「なぁ、お前」って感じの呼びかけの言葉です。

いわゆる男言葉なのかも。

このくだりはビートルズ×エド・シーラン×クーラ・シェイカー×監督ダニー・ボイル(Danny Boyle)というイギリスのカルチャー勢がコラボレーションされたユーモアです。

 

 

最初のプロデューサーであるギャビンの「No.2で終わる曲もあるだろ、パルプ( Pulp)のコモンピープル(Common People)とか」というセリフもなかなか染みるものがあります。

言われてみれば有名なわりにNo.1のイメージないですね、コモンピープル。

アルバムは1位取ってますけど。

 

 

主人公が、事故で歯も無くした上、とても人前で歌うような格好ではないボサボサの髪とよれよれのTシャツ姿で、どこをどう見てもそこら辺を歩いている一般人そのもので、TVなどに映ってもスターのオーラみたいなのが全くないのがリアリティを醸し出しています。

(ジャックはエド・シーランをモデルにしたということですが、あ~なるほど)

一躍人気になりSNSの動画でたくさん拡散されていく様子が出ていましたが、なんとなく日本ではアエラの表紙とかに出そうなアーティストだなと思いました。

主役を務めたヒメーシュ・パテル(Himesh Jitendra Patel)は歌手でもやっていけそうなくらい大変歌が上手く、そこに関しては全く素人っぽさがありません。

「シンデレラ」でブレイクしたリリー・ジェームズ(Lily James)も、相変わらずの清廉な色気でヒロインを演じていました。

脚本は『ラブ・アクチュアリー』で有名なリチャード・カーティス(Richard Curtis)で、これまたロックな映画『パイレーツ・ロック』の脚本も書いているイギリスらしい脚本家です。

退屈なシーンもなくずっと飽きずに観れるのですが、ラストはもう少しわかりやすく描いて完結させてほしかったと思います。

なんかイメージ映像のまま終わらせてしまったような感があるので。

というか個人的にはビートルズの存在する元の世界に戻る設定にしてほしかったですね。

夢オチよりは良いのかも知れませんが。

しかし、ビートルズがいない世界でただ一人記憶を持つ素人がノリノリで活動したらどうなるかの部分がしっかり描けていたのでとても楽しかったです。

これを観たら向こう一ヶ月ビートルズばっかり聴いちゃうかも!?🐝🍎♬

 


 

 

イエスタデイ   YESTERDAY

2019年 イギリス 117分

監督 ダニー・ボイル

キャスト

ヒメーシュ・パテル(ジャック・マリク)、リリー・ジェームズ(エリー・アップルトン)、ケイト・マッキノン(デブラ・ハマー)、ジョエル・フライ(ロッキー)

内容(あらすじ)

海辺町に暮らすアマチュアシンガーソングライターのジャックは、幼なじみのエリーに支えられながら音楽活動をしてきたが全く売れる気配はない。ある日ジャックは停電が原因の事故に遭い昏睡状態になってしまう。昏睡から目覚めたジャックの居る世界にビートルズの存在はなかった。