TV映画放送 シング・ストリート 未来へのうた 🎸🇮🇪 映画天国

 

 

 

 

7月2日(火)、日テレの映画天国(月曜日深夜1時59分~)で『シング・ストリート 未来へのうた』が放送されます。

 

2016年に公開されたアイルランドの映画です。

 

あらすじ

Sing Street

 

1985年、大不況のアイルランドの首都ダブリン。

暗い日々を過ごす14歳のコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は、父親が失業したため公立の荒れた男子校に転校する。

家では両親が喧嘩ばかりで家庭崩壊寸前。

音楽好きな兄と一緒に、ロンドンのミュージックPVをテレビで見るのが唯一の幸せだ。

ある日、街中で出会ったモデル志望のラフィナ(ルーシー・ボイントン)に恋したコナーは、「僕のバンドのPVに出ないか?」と思わず口走ってしまう。

慌ててバンドを組んだコナーは、無謀ながらもロンドンの音楽シーンを驚愕させるくらいのクールなPVを撮ると決意し、仲間を集め、猛練習と曲作りの日々が始まる・・・

 

内容は、よくある思春期の少年もの、学園ものといった感じで進んでいきますが、荒れた男子校に入学した初日のシーンはなかなかインパクトがありますが、バンド演奏のシーンというかMVを撮るシーンのあたりが少し間がもたついた感じで、いかにも素人バンドをテーマにした映画らしいのですが、もうちょっと笑わせるセンスなどにキレが欲しいなと思った記憶があります。

ラフィナを演じたルーシー・ボイントンは『オリエント急行殺人事件』で共演したジョニー・デップと付き合ってるんじゃないかという噂が出ましたけど、最近、『ボヘミアン・ラプソディー』のフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックと交際報道が出ました。

彼女も『ボヘミアン・ラプソディ』でメアリー役を演じてましたもんね。

映画では偽装結婚でしたけど・・・

とっても可愛くて個性的な女優さんだと思います。(80年代メイクが似合ってる!)

 

シングストリートのサントラには、モーターヘッド(Motörhead)、デュランデュラン(Duran Duran)、ザ・ジャム(The Jam)、ザ・キュアー(The Cure)などの、70年代後半~80年代前半にかけて活躍したイギリスのバンドの曲が中心に入っています。

シングストリートのオリジナル曲もありますね。

 

 

 

ザ・キュアーのカバー曲と、ボーカルのロバート・スミス(Robert Smith)を意識したファッションも登場しますね。

ロバート・スミスって『シザーハンズ』(Edward Scissorhands)のルックスのモデルなんでしたっけ。

 

 

全体に、アイルランドらしい垢抜けてない素朴な演出の映画だと思いました。

これがイギリスやフランスだったらもっと派手で尖った演出になっていたかな。

思春期にバンドを組んだことのある人、バンドをやりたいと思っていた人、特にコピーバンドをやっていた人は思わず反応するところがあるみたいです。この映画。

ラストがちょっと意味不明っぽかったような記憶がありますが、1980年前後のUKロックが好きな人にはおすすめの映画だと思います。

 


 

 

シング・ストリート 未来へのうた   SING STREET

2015年 アイルランド・イギリス・アメリカ 106分

監督 ジョン・カーニー

キャスト

フェルディア・ウォルシュ=ピーロ(コナー)、ルーシー・ボイントン(ラフィーナ)、マリア・ドイル・ケネディ(ペニー)、エイダン・ギレン(ロバート)